腸内環境と食材

腸内環境を改善してくれる食材

腸内環境を改善するには善玉菌を増やす絶対条件となります。
腸内環境を改善 = 善玉菌を増やす と言う事で善玉菌を増やすには善玉菌そのものが含まれた食材を直接食べる。プラス、善玉菌のエサとなる食材を一緒に摂る事が大変重要となります。

 

善玉菌を含む食材とは例えば乳酸菌を含む食材などで、ヨーグルト、チーズ、塩麹、味噌、糠漬け、などがあります。

 

しかし乳酸菌は胃酸に弱く生きたまま腸に届くことは少ないのです。
生きたまま届かせるにはシロタ株やEC−12株などといった胃酸に強い菌の含まれたヨーグルトを食べると生きたまま腸まで届き善玉菌を増やすことに貢献してくれます。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料は「生きて腸まで届く」と書かれたものをチョイスすると良いと思います。

 

さらにせっかく摂取した乳酸菌は腸内に長く定着できず出来れば毎日、毎日が難しいなら定期的に乳酸菌を摂取する必要があるのです。

 

しかし、胃酸で死んでしまった乳酸菌や定着できなかった乳酸菌はもともと腸内にいる乳酸菌のエサとなりますので決して無駄になる事はないので積極的に乳酸菌が含まれたものを食べるようにしましょう。

 

次に善玉菌の仲間に納豆菌があります。
納豆菌は乳酸菌と違い消化酵素の強く生きて腸に届く善玉菌です。
しかも増殖力も強いのも特徴です。

 

納豆菌は活性酵素を作り出し他の善玉菌の増殖のサポートをしてくれるのです。
納豆菌を含む納豆と乳酸菌などの善玉菌を含む食品を一緒に食べると効果は倍増します。

 

善玉菌を増やすにはエサが必要となりますよね?
では善玉菌のエサはどんなものが良いのでしょうか?

 

善玉菌のエサに最適なのはオリゴ糖です。
オリゴ糖は腸内の善玉菌の9割を占めると言われているビフィズス菌のエサとなります。

 

バナナ、はちみつ、トウモロコシ、ごぼう、牛乳、味噌などはオリゴ糖を多く含む食材です。

 

善玉菌を増やすには善玉菌を含む食品と善玉菌のエサとなる食品の両方を摂る事が大変重要となります。